CLOSE

納得して買ってもらいたい。ゴルフクラブを試してから買える「TRY SHOT」サービス誕生への想い

女性にとって靴、特にヒールのあるパンプスは試し履きが欠かせない。さらには店舗で数歩程度歩いてみただけでは本当に自分の足に合うかどうか分からず、本来であれば一日履いて外出してから決めたいものだ。さすがに外出を許しているサービスは見つからないが、「〇日間返品無料」「サイズ交換無料」など、それを解決する通販サイトが増えている。ゴルフクラブも同じことに課題感があった。「いつものコースや練習場、コースボールで打ってみないと、本当に自分に合うかがわからない」。そんな声にお応えして、新作クラブが最大6ヶ月まで“実際に打って試せる”サービスが2018年10月に生まれた。



サービス名は、「TRY SHOT」。その名の通り、インターネット通販でありながら試打をしてから購入を決めることができるサービスである。特徴は、残価設定で最新のゴルフクラブを購入できること。自動車を購入した経験のある人であれば耳なじみがあるだろう「残価設定プラン」に類似した支払方法だ。例えば、最新モデルのドライバーA【価格¥54,432(税込)+送料(¥324)と仮定】を6ヶ月プランで選んだ場合、月々の支払い¥2,980(税込。初回のみ送料¥324あり)で何回かラウンドをしてみた結果、自分に合わなければ返却時以降の残価は支払不要。

プランは1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月から選択することが可能。週1でラウンドに行くような人であれば、1ヶ月プランでも4回ラウンドしてみて考えることだってできる。リアル店舗に行って試打スペースで何球か打ってみても、いざ購入した後にラウンドしてみると「あれ?」と思うことがあるくらいゴルフクラブの選び方は難しい。店舗でも試打ができるクラブは限定されているし、実際に芝の上から打たないと分からないことも多いので、やっぱり購入時には「えいやっ」という気持ちが必要だ。

新作でビニールがかかった状態のクラブが自宅に届き、実際のラウンドに持っていく。納得いくまで試してみて、買うかどうか決められる。なぜ今までなかったのかと思うくらい、便利なサービスだが、どんな経緯で始めることになったのか。担当者の室井孝に聞いてみた。

「GDO(ゴルフダイジェスト・オンライン)は、新品・中古品ともに扱うインターネット通販サイトと中古品の下取り&販売を行うリアル店舗を持っています。そのため、新作クラブとして仕入れたクラブをお客さまに試していただき、多くが返品されたとしても適正価格をつけて、中古品としてまた売り場に並べることができます。そのようにビジネス上、商品を循環させることができる仕組みがあるので、このようなサービスを実現ができています」


「新品・中古品をワンストップで提供しているからこそ、実現できたサービス」と話す


今までにはない長期にわたってクラブの打ち心地を試せるということ以外に、もうひとつ大きな魅力がある。それは選択できるクラブの種類が豊富だということ。GDOショップでは、新品10万点、中古4万点の商品を取り扱っている(ウェア、関連グッズ含む)。現在、ここで販売されているクラブの約3割がTRY SHOTのプランを適用して購入することができる。室井は、「ゆくゆくは5割以上の商品を対象にしていきたいですね。欲を言えば7割を目指したい、と個人的には思っています。開始した10月から1ヶ月経過した時点で想定の2~3倍のオーダーがあり、非常にお客さまに求められているサービスだと感じています。今後も対象商品を増やして、より多くの方に使っていただきたいと考えています」と意気込む。


「TRY SHOT」のマークが対象商品の目印。ドライバーやアイアン、パターまである


ゴルフ業界におけるEC化率は、アパレル業界などに比べてまだまだ低い。その理由の一つに商品単価が高く、試してみないと購入しづらいという点があげられる。早くからインターネットでゴルフ用品を販売することに挑戦してきたGDOにとっても、「試せない」というハードルは越えることが難しい顧客サービスの課題であり続け、今でもその壁を越えるための努力を続けている途上だ。ウェアであれば着心地のレポートや写真、動画などで何とかお伝えできる部分も、クラブとなると一人ひとりの習熟度や体力、打ち方の癖などに左右されるため、やはりお客さま自身に打ってもらうことが何より購入決定の後押しとなる。そこに踏み込んだ本サービスがお客さまにGDOを選んでもらう理由になればと思う。

ゴルフを楽しいと思う要素の一つに「道具選び」を挙げる人は多い。自身の上達を助けてくれることはもちろん、車や時計のように「カッコいい」と思える道具を携えてプレーができる喜び。はじめて買ったゴルフクラブを“相棒”として手に馴染むまで使い続ける人もいれば、上達とともに道具を買い替えて「変える楽しみ」を満喫する人もいる。さまざまな楽しみ方に寄り添えるサービスを提供することがGDOの使命だと信じて、日々社員が頭をひねらせて考えてきた中の一つが、この「TRY SHOT」。しっかりと納得して買ってもらいたい、という気持ちが一人でも多くのお客さまに届くよう、今後も選べるクラブを増やし続けていく。まずは、GDOショップを覗いて、どんな商品が適用対象となっているのか眺めるところから楽しんでいただけたらと思っている。


これからも試せるクラブの種類を増やしていきます!ご期待を


(文・Golf Links the World/星 写真・角田慎太郎)

 

「TRY SHOT」サービスの詳細はこちらから。

「GDOで働く」ことにご興味のある方は、こちらから。

 
Pocket
LINEで送る